初めての方へ

どうして外壁や屋根の塗り替えが必要なの?

私たちの暮らしを快適にする建物。その建物を守っているのが「塗装」です。
塗装は常に太陽や風雨にさらされており自然の過酷な状況から建物を守っているために日々のダメージも大きいのです。

塗装の平均的な寿命は約10年

塗装の機能が理想的に働くのが約10年程度と言われています。
10年経ったからすぐダメになるわけではありませんが、断熱効果や防水効果、耐久性などが下がってきますのでメンテナンスの準備を始める合図となっています。

下記の様なサインがある場合には、是非私どもの無料診断をご活用ください。

外壁や屋根の退色

ピカピカとしていた外壁や屋根が色あせてきていたら塗膜がなくなってきている可能性があります。

外壁の漏水

ひび割れや穴あきを放っておくと、そこから徐々に水がしみて室内がカビ臭くなったりします。

苔や藻がでてきた

藻や苔が繁殖し始めると、塗装の劣化を早めてしまいます。

触ると白いものがつく

塗膜が劣化すると、中の塗料が出てきてしまい、それがチョークの様な白い粉となって剥がれ落ちていきます。

ひび割れがある

壁のひび割れをそのままにしているお宅をよく見かけますが、雨漏りしないからといってそのままにしておくのは危険です。ひび割れの部分だけでも早急に修繕したほうがいいでしょう。

 

現場LIVE

  1. 2018/1/13

    実例4
    1…
  2. 2018/1/13

    実例3
    ① ② &n…
  3. 2018/1/13

    実例2
    ①…